トレンドブログの”価値のない質の低いコンテンツ”ペナルティ原因&対策

  • button only@2x トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

f306ce449247ba8851c8066f89ef11bf トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

検索数が急上昇するキーワードからのアクセスを狙う
トレンドアフィリエイト」と呼ばれる手法が
最近、主に初心者アフィリエイター間で流行しています。

初心者でも簡単に月数十万稼げる方法」として広まっている一方で、
似たような「トレンドブログ」が乱立するような状態となっています。

その結果、2013年末頃より、数多くのトレンドブログが
「価値の無い質の低いコンテンツ」という手動ペナルティを受け、
Google検索圏外に飛ばされてしまい、
アクセス・収益が激減してしまうという事例が多発しています。

私自身もこのペナルティを何度か受けてしまって、
他にも同じペナルティを受けたというブログをいくつか見てきました。

そして、その原因と対策について、色々と考察てみたところ、
以下の4つが主な原因ではないかという結論に至りました。

原因 1:
著作権・パブリシティ権に問題のある画像の無断使用

 copyright bomb トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

Google画像検索で簡単に拾えるからといって、
有名人の画像など、外部サイトの画像を無断でブログに使用することは
大抵の場合は著作権・パブリシティ権の侵害にあたります。

しかし、画像を無断転載して著作権侵害していても、
権利者が訴えない限り、犯罪にはなりません。
(著作権侵害は親告罪なので)

実際のところは、無断転載していても、
特に実害が無く、よほど悪質な使い方をしていない限り、
権利者からもGoogleからも「黙認」されているような状態でした。

大手のトレンドブログや、2chまとめ、NAVERまとめ、
個人の趣味ブログやTwitterなどでも、
著作権侵害にあたる画像が大量に掲載されているため、
イチイチ訴えてられないというのが、現実だったのでしょう。

しかし、最近の傾向からすると、
画像の無断使用が、手動ペナルティの大きな原因
なっている可能性が非常に高いと考えられます。

著作権を侵害している画像が多く貼られているようなサイトが上位表示され、
アクセスを集め、Adsense広告で大きな収益を上げてるというのは、
Googleにとっては望ましくないことなのでしょう。

確かに、ブログを見てくれる人にとっても、
画像があった方が面白いかもしれません。

しかし、いくらユーザーのためを思って画像を使って、
ユーザーから支持されるサイトを作っていたとしても、

それが著作権に違反しているのであれば、
Googleとしては、看過するわけにはいかないのかもしれません。

特に、近年のトレンドブログの増加により、
有名人の画像を使ったブログの多くが上位表示されて、
著作権者(芸能事務所など)も無視できないような状況になり、
Googleに対して何らかの申し出をした可能性も考えられます。

本当は著作権違反でAdsenseの規約違反だけど、その処理がされる前に、
画像無断転載による「無断複製されたコンテンツ」扱いとして、
上位表示させないような処置をしているのかもしれません。

対策方法

画像を使うのがダメだからといって、
全く画像を使わないのは寂しいです。

でも、以下のような画像であれば、
ブログに貼っても特に問題はありません。

  • 楽天Amazonアフィリエイト等の商品画像
  • フリーで使用できる画像素材
  • 権利が発生しない、パブリックドメインの画像
  • 自作の画像・イラスト・似顔絵

また、トップページやサイドバーの記事リンクにも、
サムネイル画像を表示しないようにカスタマイズするのが
良いかと思われます。

どうしても画像を紹介する必要がある場合は、
画像を紹介しているページか、Googleの画像検索結果に、
外部リンクを貼って紹介するのが無難でしょうかね…

注意・補足

出典元を明記して“引用”として、<blockquote>タグで囲って、
たとえ権利者にも不都合が無いような使い方をしていたとしても、
Googleの判断では、無断使用している時点でアウトである可能性が高いです。

画像を左右反転、回転、トリミング、枠をつけるなどの編集をして、
Googleの画像検索アルゴリズム上では、
違う画像と判断されるようにもできますが、

手動ペナルティは、その名の通り
Googleのスタッフが「手動」で判断しているので、
このような小手先の回避策を使ったところで、
ペナルティを免れることは無いでしょう。

また、「著作権侵害画像を使っていなければ絶対に大丈夫」
というわけではありません。

コピペしているつもりが無くても、
多くの人が扱うトレンドネタを扱ったり、
ネットの情報を元に記事を書いていると、

無意識的に記事内容が似通ってしまい、
コピーコンテンツ扱いされる可能性もあります。

個人的な著作権についての考察はこちらに書いてます。
→ ネットで著作権を厳格に守るのは本当に良い事?実際の事例から考察

原因 2:
関連のないキーワードの詰め込み過ぎ

3654616b393bf0263b46ea97338cd72b トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

yahoo虫眼鏡キーワードや、google検索のサジェストなどを利用して、
上位表示目的で、やたらとキーワードを詰め込む手法が流行ってました。
(最近は割りと減ったような気がしますが)

極端な例ですが

大島優子に熱愛発覚!実家は?カップは?年収は?高校は?

みたいなものです。

このようなタイトルの付け方は、
理論的には、多くのキーワードで上位表示される確率が
高まるかもしれません。

しかし、検索する人から見たら不自然で
あからさまにアクセス目的のスパムブログのようにも見えます。

Googleからも「キーワードの乱用」としてスパム扱いされ、
ペナルティの対象ともなり得ます。

対策方法

  • 関連性の強い複合キーワードだけを使う
  • 関連性の弱い複合キーワードは、別の記事で言及する。

そうした方が、自然に記事が書けて、
ユーザーにも優しく・分かりやすい記事になるのではないでしょうか。

無理にキーワードを詰め込んで1記事にまとめようとしないで、
関連性の薄いキーワードについては別の記事で言及しましょう。

そして「関連記事」として、
記事の最後にでも紹介してリンクを貼り、
直帰率を下げるようにもできます。

一つの記事に、検索ワードと関連の薄い余計な事を書かずに、
限定した話題について言及すれば、検索ワードと関連性が高いとみなされて、
上位表示もされやすくなるのではないでしょうか。

原因3:
記事内容が似ている

copy トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

人気のトレンドキーワードを狙って記事を書くと、
どうしても「同業者」と似たり寄ったりの記事になりがちです。
(特に芸能系の話題で)

コピペがダメなのは当たり前ですが、
リライトして表現を多少変えたところで、
結局は言ってることは同じなので、コピーコンテンツ扱いされて、
ペナルティの対象となっているのではないでしょうか。

引用(blockquoteタグで囲む)の割合が多すぎても、
独自コンテンツの不足とみなされて、
ペナルティの原因となるかもしれません。

対策方法

キーワードを決めて、ライバルチェックをする際に
検索上位に、パッと見て似たような内容の
ニュースサイト、2chまとめ、トレンドブログが沢山あったら、
そのキーワードは避けて、別のキーワードを探しましょう。

検索上位に強いサイトがひしめき合っていて、
すでに、その検索ワードに対して情報が充実しているところに、
同じような事を書いても無意味で、価値もありません

当然、上位表示させることも、
アクセスを集めることも難しいです。

トレンドアフィリエイトの本質は、
需要があるけれど供給が少ないところを狙うことなので。

キーワードをうまくずらして、
違う視点から、ライバルが少ないとk記事を書いていくことが
価値のあるコンテンツを作り、アクセスを集めるために大切な事です。

原因4:
デザイン・ブログ構成が似通っている

47ba467ca7ca70a9a506017b19fe6a39 トレンドブログの価値のない質の低いコンテンツペナルティ原因&対策

記事内容以外にも、ブログの構成・デザイン面で、
再配布可能テンプレートや、人気の無料テンプレートなどを、
全くカスタマイズせずにそのまま利用しているブログをよく見かけます。

ブログタイトルにも
「トレンド」「ニュース」「速報」という言葉を並べ、
背景も真っ白。

サイドバーにも似たような
「おもしろ動画集」「すっぴん画像」などを入れていたり…

パッと見て、他のブログと区別できないようなブログは、
価値のない質の低いコンテンツ」と見られやすいのではないでしょうか。

手動ペナルティを課すGoogleのスパム対策チームも、
ブログの見た目を判断基準に入れて、
見た目からして、あからさまなトレンドブログは
価値が無いと判断して排除しているのかもしれません。

対策方法

フリーの画像編集ソフトや素材集などをうまく使って、
ヘッダー画像・背景を自作してみたり、

テンプレートをカスタマイズしてみたり…

こればっかりは、少々手間をかけても、
自分だけのオリジナルのブログを作れるように、
デザイン面も頑張ってカスタマイズしましょう。

今ではフリーソフトでも、
十分に画像編集はできます。

それが出来ないのならば、文章を書くことに力を入れて、
デザインは、お金を払って外注してやってもらいましょう。

まとめ

トレンドブログで
価値のない質の低いコンテンツ」ペナルティ受けずに、
長期的に稼いでいくためには…

  • 画像の著作権を正しく理解して守る(重要)
  • 関連のないキーワードを無理に入れない
  • 似たような内容の記事を書かない
  • デザイン面でも他のブログと差別化・オリジナリティを出す

以上の4点を注意して、本当に良い記事を書いていければ、
手動ペナルティを受ける可能性を大きく減らせることでしょう。

この記事と関連して、
トレンドブログのあるべき姿についても考えてみました。

「いいね!」「フォロー」「RSS購読」で最新情報をチェック!
応援していただけるとブログ更新の励みになります。


follow us in feedly
このボタンについて
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
  ↑応援ポチもよろしくです↑

“トレンドブログの”価値のない質の低いコンテンツ”ペナルティ原因&対策” への2件のフィードバック

  1. 検索からやってきたマーちゃん より:

    僕がよく訪問していた2サイト

    芸能エンタメニュースちゃんねる
    entamech.net

    芸能かめはめ波
    geinoukame.blog.fc2.com

    が、ペナルティを受けて圏外に飛ばされました。

    せーやさんが記事に書かれている通りのトレンドブログです。

    —————————

    ところで、同じトレンドブログでも、ライブドアのサブディレクトリで運営されているブログは、検索やペナルティに強いと思いませんか?

    常にライブドアブログランキング上位にいる「芸能人の気になる噂」なんか、
    手動ペナルティを受けてもおかしくないブログです。

    また、少年ジャンプの全文ネタバレを扱っている「少年ジャンプ人気マンガ確定ネタバレ最新速報」は、今年の3月に米国のデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に基づくクレームを受けて、Google検索結果から(TOPページが)除外されたにもかかわらず、「少年ジャンプ 確定ネタバレ」で検索すると、カテゴリページが最上位に表示されます。

    ドメインパワーのなせる技としか思えません。

    なんか、ライブドアブログのインセンティブ・プログラムに参加している管理人に話を聞くと、著作権関連もライブドアが対処してくれるみたいですよ。

    これからトレンドアフィリエイトをするなら、ライブドアブログかなと思っています。

    blog.livedoor.jp/*****/

    • せーや より:

      コメントありがとうございます。

      やはり、芸能系の話題を扱ってて、著作権侵害・パブリシティ権侵害となる画像を使うのはあまりよろしくないですね。

      blog.livedoor.jp ドメインのサブディレクトリで運営していると、ペナルティ受けにくいという可能性はありえますね…
      google側もペナルティ出しづらいという理由もあるのかもしれません。

      「無料ブログは削除されるリスクが高いからやめた方がいい」という意見も強いですが、独自ドメインで上がってきた頃にペナルティ受けるというリスクも考えると、最初から上位表示できる無料ブログの方が良いかもしれないですね。

      ちなみに、画像で著作権侵害していなければ絶対に大丈夫ということも無さそうです。
      ブログ構成・デザイン・記事内容等が他のブログと似通っていると危険かもしれません。

      最近はさらにペナルティが厳しくなって、トレンドブログ以外でも、物販アフィリなどをやっているサイトでも飛ばされているサイトが数多くあると聞いています。

      現状、従来のトレンドブログのスタイルで、1~2時間程度のリサーチで、興味の無いネタも含めた様々なジャンルで、低品質ペナルティ受けないレベルの記事を書くのは、非常に難しいと考えています。
      長期のライター経験や、人並み外れたセンスが無い限り。

      独自ドメインで長期的利益を、何かの話題に特化するか、そのブログならではの情報を発信して「ブランディング」していくつもりでやらないと厳しいでしょうね。

      私も現在、そういう方向性のサイト運営の実験をしてます。
      現状、それほどうまく行っているとは言えないですが、一段落ついたらこっちのブログで色々まとめたり、本格的に情報発信していこうと考えてます。

せーや にコメントする

このページの先頭へ